こんにちは!最近、甘いものと辛いものが無性に食べたくなるあすかすです。

今回はパソコンを使ったことがある人なら聞いたことがあるはずの、ファイルディレクトリについてお話ししていきます。聞いたことがあるだけで、どういう役割なのか、どんな種類があるのかは知らない方もいるのではないでしょうか。

ファイルとは

ファイルとはアプリケーションソフト(ワープロ、メースソフト、表計算ソフト等)で作ったデータを記録する文書のこと。データはこのファイルとして、補助記憶装置に記録されます。

コンピュータにおけるファイルは、コンピュータでデータを扱いやすくするための仕組み。場合によってはデータセットとも呼ばれる。

ウィキペディアより引用

マルチメディアデータ(画像、音声、動画等)は、そのまま保存するとデータ量が大きすぎるため、圧縮してデータサイズを小さくして保存するのが普通です。

圧縮したデータを元と同じデータに戻せる圧縮方法を可逆圧縮

元と同じデータに戻せない圧縮方法を不可逆圧縮と呼びます。

ファイルの形式には下記があります。

代表的なファイル形式の種類

テキスト形式文字コード、改行、タブなど一部の制御文字のみで
作られる。
CSV形式基本的にテキスト形式。
文字や数字をカンマでくぎり、行を改行で区切り
表形式のデータを保存する。
PDF画像が埋め込まれた書類を、機種やOSの種類に
関係なく、元通りに再現して表示できる電子文書。

画像用ファイル形式

BMP画像を圧縮せずにそのまま保存するフィル形式。
画質は劣化しないが、ファイルサイズは大きい。
JPEG圧縮率が高くフルカラーの画像を扱えるため、写真を保存するのに向いている画像圧縮形式。
不可逆圧縮をするので圧縮レベルによっては画質が劣化する。
GIFイラストやアイコンなどの保存に適している画像圧縮形式。
可逆圧縮であるため画質の劣化はない。
扱える色に制限がある。(256色)
PNGフルカラーを扱える画像圧縮形式。
可逆圧縮であるため画質の劣化はない。
単純な圧縮率はJPEGの方が上。

音声用ファイル形式

MP3音声を圧縮して保存するファイル形式。
不可逆圧縮を行い、データを削減する。
MIDIディジタル楽器の演奏データを保存するファイル形式。

動画用ファイル形式

MPEG動画を圧縮して保存するファイル形式。
不可逆圧縮を行う。

PDFやJPEG、PNGなどは聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

次はディレクトリについてお話ししていきます。

ディレクトリとは

ディレクトリとはファイルをグループ化して、ファイルをしまう場所です。フォルダとも言います。

補助記憶装置にはたくさんのファイルを保存しておくことができます。そのたくさんのファイルを、後から見てもすぐに探せるように整理してくれるのがディレクトリの役割です!

ディレクトリは、コンピュータのファイルシステムにおいて、ファイルをグループ化するための特殊なファイルで、整理・管理などの目的で活用される。

ウィキペディアより引用

ディレクトリはファイルだけではなく、他のディレクトリも入れることができます。補助記憶装置全体に、階層構造を持たせて管理できます。

サブディレクトリ

他のディレクトリに含まれるディレクトリ

ルートディレクトリ

階層構造の1番上に位置するディレクトリ

カレントディレクトリ

今開いて作業しているディレクトリ

カレントディレクトリを含む階層構造の1番上のディレクトリを親ディレクトリ、カレントディレクトリの下のディレクトリをサブ(子)ディレクトリと言います。

絶対パスと相対パス

ファイルまでの場所を指し示す場所を「パス」と言います。

ファイル名だけでは、それがどのファイルのことを指しているのか特定は無理です。そこでちゃんとファイルの場所を指し締めてくれるのが「パス」です。

パスには絶対パスと相対パスの2種類の方法があります。

絶対パス

ルートディレクトリから目的のファイルまでの経路を書き記す。

絶対パスの表記のルール

  1. ルートディレクトリは「 / 」または「 ¥ 」であらわす。
  2. ディレクトリと次の階層の間は「 / 」または「 ¥ 」で区切る。

例として、gohan(ご飯)のディレクトリがあり、その中にmisosoup(味噌汁)のディレクトリがあり、更にその中にあるmisosoup.png(味噌汁の画像)までの絶対パスの書き方は以下の通りです。

/*絶対パスの書き方*/
/misosoup/misosoup.png

相対パス

カレントディレクトリのから目的のファイルまでの経路を書き記す。

相対パスの表記のルール

  1. ディレクトリと次の階層の間は「 / 」または「 ¥ 」で区切る。
  2. カレントディレクトリは「 . 」であらわす。
  3. 親ディレクトリは「 . . 」であらわす。

絶対パスと同じ例で、カレントディレクトリをmisosoupとし、misosoup.pngまでの相対パスの書き方は以下の通りです。

/*相対パスの書き方*/
./misosoup.png
/*misosoupはカレントディレクトリなので「.」であらわす*/

まとめ

ファイルとはデータを記録する文書のこと。

ディレクトリはファイルをグループ化して、しまう場所。

パスには絶対パスと相対パスがある。

この記事を読んで、ファイルとディレクトリについて少しでも「なるほど…!」と思っていただけたら幸いです!

今回はここまで!

作者情報
都会に憧れて上京してきた田舎者。 都会での暮らしは刺激でいっぱいです。趣味は動画鑑賞とカフェ巡りです。
    関連記事はありません