先日極寒の雨の中一人釣りに出かけたばーいなです。
ちゃんと魚も釣れ、風邪も引かなくて一安心!
そして今回はVSCode関連第3弾!
Setting Syncについていろいろ試してみました。
前提条件として
GitHubのアカウントを持っていること」
VSCodeがインストールされていること」
になります。

Settings Syncって何?

Setting SyncとはVSCodeの設定内容をGitHubに登録することができる拡張機能です。
拡張機能もそのまま保存されてるのでチーム内で環境を統一したい時などに個々でインストールしなくてもダウンロードするだけでOKです。

Settings Syncインストール

まず、VSCodeにSettings Syncをインストールしましょう。
プラグインの検索で「Settings Sync」と入力、表示されたら「Install」でインストールされます。

アクセストークン取得

GitHubを開きメニューから「Settings」を選択します。

左のメニュー最下部の 「Developer settings」を選択します。

左メニューから 「Personal access tokens」を選択します。

右上の「Generate new token」を選択します。

アクセストークンを作成する画面が表示されます。
「Note」にはtokenの説明を入力します。(自分がわかれば何でもよいです)

いろいろチェック項目がありますが、中段位にある「gist」にチェックします。

下部にある「Generate token」を選択します。

アクセストークンが生成されます。
同期の時に使いますので必ずメモしておきましょう。

GistID取得

今度はGitHubのメニューから「Your gists」を選択します。

初めての状態だと以下画面が表示され、「Create a gist」というリンクがありますので選択します。

作成画面が表示されるので下図のように任意の文字を入力します。(こちらも自分がわかれば何でもよいです)
右下の「Create secret gist」を選択します。

作成完了します。
上部の「gist:」以降の文字列がIDとなります。
こちらも同期の時に使いますので必ずメモしておきましょう。

VSCodeの設定をアップロード

ショートカット「Ctrl+Shift+P」でコマンドパレットを開きます。
「sync」と入力すると候補が表示されるので「アップデート・アップロードの設定」を選択します。

以下の画面が表示されますので「EDIT CONFIGURATION」を選択します。

同期するための設定画面となります。
Gist ID:メモしたGistID
アクセストークン:メモしたアクセストークン
を入力します。
左下は自動アップロードを選択します。

入力後再び「アップデート・アップロードの設定」を選択するとアップロードが始まります。
Done.が表示されたら完了です。

GitHubに戻り再び「Your gists」を選択します。
何か表示が変わっていると思います。
「cloudSettings」のリンクを選択します。

VSCodeの設定内容がアップロードされています。

別端末へのダウンロード

別端末へのダウンロードの際は以下手順でダウンロードできます。
1.VSCodeのインストール
2.Settings Syncのインストール
3.「アップデート・アップロードの設定」で上記でアップロードした時のアクセストークンとGist IDを入力
4.コマンドパレットから「設定をダウンロード」を選択

こんなのあったんですね。
使える拡張機能探して、インストールして、設定変えてとかやってると時間取られますもんね。
設定内容まるまるダウンロードできるなんて超便利だなと思いました。
是非試してみてください!

作者情報
フロントエンドってなんかオシャレだなと感じてきたバックエンドエンジニア。 日サロじゃないよ、地黒だよ。 酒は飲んでも飲まれるな。