転職は同じ業界じゃないと不利?

【IT業界】転職は同じ業界じゃないと不利? 宇宙兄弟に学ぶ勇気の出る言葉

はじめまして。BREEZEの採用担当をしているもーりーです。

今回は、「転職どうすればいい??同じ業界じゃないと不利なの、ぶっちゃけどうなの?」という質問をよくいただくので、それについて私の見解をご紹介します。あまり長々と語ると読むのに疲れちゃうので、3分あれば読める長さにしておきます。

他業種からでもIT業界で有利になる5つのポイント。

<<同業種:他業種 = 1:9>>
これが実は、BREEZEに転職されてきた方々の業種の割合です。

他業種からの転職が圧倒的に多いんですね。
他業種からでも、IT業界で有利になるポイントはたくさんあります。
今回は5つ、ご紹介します。

業務の中で PC を使っていた。

Excel 関数や Word を使用したドキュメント整備をされたご経験があれば IT 業界では有利になります!

それは何故か。ITってExcelよりJavaとかCの方が必要なんじゃない?と思われがちですが、Excelはどの業界のどの会社でもほとんど使われているのでExcelスキルはむしろ使えなきゃナンセンス。

システム開発プロジェクトでの簡単なデータ整理や、書類作成のためにExcelの関数を使ったり、マクロ(VBA)を使ったりします。

接客、販売業界にいた。

IT 業界って 1 日中パソコンと向き合って・・ってイメージありますが 誰かとコミュニケーションとっている時間の方がむしろ多いかもしれません。
なので、コミュニケーション能力はむしろ無いとアカンやつです。

ERP(企業内で使われている人事給与、在庫管理、会計など様々なシステムを一つのパッケージにしたもの)や社内の「ネットワークつながらない」「新入社員が配属になったんだけどPCの発注とか初期設定とかどうすればいい?」などサポートデスク、ヘルプデスク対応でも”ヒアリング能力”が非常に重要になります。

マネジメント経験がある。

小さなチームでもいいので、リーダー、サブリーダー、店長としてでも
指示出しや新人教育をやったことがあれば、すごく高評価です。

マネジメント能力が特に求められるのは、プロジェクトの進捗管理をするプロジェクトマネージャーやその補佐業務。システム開発や運用、プロジェクト進捗管理など 大規模なもの小規模なものどちらにも求められる経験です!

英語が使える。

英語が使えると、仕事の幅がいろいろと広がります!
英語での電話取次、アメリカとの会議議事録作成、翻訳・・・だけではなく
プログラミングって英単語わかると理解しやすいので
システム開発にも向いてると言えるでしょう。

海外向けサービスのサポートデスク業務を行なっているメンバーや、システムの設計は日本で行い、実際の開発は東南アジアなどに任せているプロジェクトでの橋渡し役としてのブリッジSEとして活躍しているメンバーも。その他、BREEZEの関連企業でフィリピンにも事業所がありますので、そちらのお手伝いをすることもあります。

IT系の資格をもっている。

これはわかりやすいですね。
スキルって測りにくいものですが、資格を持っていると
いまのあなたのスキルレベルが面接官にも伝わりやすいです。

やっていきたいことによって使える資格は変わってきますが、「ITパスポート」「基本情報技術者」「CCNA」「LPIC」はBREEZEの推奨資格です。その他、20種類ほど推奨している資格があります。

それでも「エンジニアなんて私にはムリ。」と思ってる方へ。

エンジニアって文系の私にはムリ。
数学苦手だから、自分にはムリ。
そもそもIT業界未経験だからムリムリ。

そんなあなたに一言。

「最初から難しいことしようとしすぎてませんか!!!!!」

最初からアプリ作ってだの、システム開発してだの、そんなことは言われませんし、できるはずもありません。

安心してください!!笑

泳ぐことだって 最初は息継ぎの練習から、次にバタ足をできるようになって手の動かし方を知ってやっと泳げるようになります。
もちろん、エンジニアだって同じです。
最初は運用やサポートなどできる業務から初めて、次にシステムのテストをできるようになってプログラミングを知ってやっとシステム開発ができるようになります。

要は、一歩を踏み出すのが大事!

以下、私の尊敬するブライアンの名言

人の人生には、いくつもの”夢のドア”がある。人は例えば「宇宙へ行く」みたいな大きな夢を持った時、目の前に現れたバカでかいドアに萎縮して向こう側へ行くことを諦めちまう。「開けられるわけがない」ってな。

だがビビることはないんだよ。本当ははじめから、そんな”バカでかいドア”なんてものはない。

小さなドアがいっぱいあるだけだ。

“成長のドア”、”発見のドア”、”勝利のドア”、”賞賛のドア”、他にもいろいろ見つかるだろう。そしてその小さなドアを開けるたび、君らの夢が1つずつ叶っていくのがわかるはずだ。

ブライアン・J | 「宇宙兄弟」23巻

(´;ω;`)
この言葉に私は何度背中を押されたことか。

自信のない方でも、まずは会ってお話ししてみたいですね。
面接は比較的「優しい」で定評ありますのであまりご心配なさらず!!笑

BREEZE Groupの応募フォームはこちら↓
https://breezegroup.co.jp/recruit/

作者情報
ときどき営業、ときどき人事。 海外に島を買って、釣りとかしながら暮らしたいな、将来。