マネジメント

※内容はインタビュー当時のものです

ヘルプデスク

2016.11入社

前職

飲食業/キッチンリーダー

現職

ヘルプデスク/
BREEZEカーネル執行役員

先輩を追い抜いて、8ヶ月目でリーダーに。

-なぜBREEZE?

やりたいことにチャレンジできる会社。
世の中のほとんど全ての会社には入ったばかりの新入社員に社内の作りに口を出させることなんて無いと思います。ですが、会社に対して思ったことを相談という形で報告した事を「自分が思うように変えていい。道を違えたら俺が直すから。」と社長直々に仰って頂き、私の思う業務改善、ES向上、新入社員研修に尽力できました。
時には周りの方含めて「違う。そうじゃない。会社としての道はこうだ。」と叱責頂き、私が納得するまで意見のすり合わせをしたりと、チャレンジに対してしっかり見ていただいてきました。
言い方をかえると、私たちがBREEZE(そよ風)のように心地よい会社を作っていけるからですね。

-Career

先輩を追い抜いて、8ヶ月目でリーダーに。
ITエンジニアとして未経験で入社。その後、某銀行のシステム監視オペレーション業務へ配属。まったくの未経験では通常半年かかるといわれたOJTを3ヵ月で卒業。入場8ヵ月で新人教育担当に抜擢頂きました。
入場一年目にはプロジェクトリーダーに任命頂き要員の管理やシフト調整、各班のバランス調整などを行っていました。その後、二年間現場に従事させて頂いた間にたった一人だった現場に要員を私含めて7人増員。うち3人の新人研修を担当させて頂きました。中でも担当した一人は私の跡を継ぎ現場のリーダーとして頑張っていってくれています。
後輩に自分のようになりたいと言ってもらえるのはすごく嬉しいですし、ありがたいことですね。ぜひ、いつか肩を並べて一緒に仕事をしたいと考えています

社内業務への貢献。基盤づくり
私がBREEZEに入って最初にやったことが社内イベント企画のチームを立ち上げです。社内の集まりを作り広げることによって帰属意識の向上やES向上、目的意識の共有ができれば、と思ったからです。上司は呼ばない。なども決められたので(笑)
その後、帰社会の運営チーム、社内業務集計チーム、新入社員向け研修チームの整備と会社の基盤を作っていきました。その後、他の社員も輝ける場を提供できればと考え、作ったチームを徐々に引き継いでいきました。
今は新チームを作るために地盤固めと構想をしております。

-NEXT

技術研修と新チーム立ち上げで会社に貢献したい
BREEZEカーネルとして推し進めたいRPAの理解を深めて、技術研修の一環に盛り込んでいきたいと考えております。
そもそもRPAとはRobotic Process Automationと呼ばれる決められた方法にしたがって、単純な間接業務を自動化するテクノロジーの事。その中でなじみの深いExcelの自動化を講習会という形にして社内に取り込み、資格を取得し講習を企画して社員に興味を持ってもらいエンジニアの力の一部になれば、と考えています。
前項でも触れましたが新チームの構想をしています。もともとゲーム関係の仕事をしてみたかったので今、BREEZEにないのであれば自分でやってしまえ、と考えています。その名も「esports部(仮)!」です。今年度中には方針決めて始動!と考えています。
一緒にチームを作っていきたい方、こんなことがやってみたい、こんなことがしたい、などいろいろな意見をお待ちしています。一つ一つ意見のすり合わせをしましょう。あなたの意見が会社に新たな風を吹かすかもしれないです。一緒にやってみませんか?

-あなたのモットーは?

為せば成る。為さねば成らぬ。
「チャンスは与えられるものじゃない。自分で作り、それを成す。為せば成る。為さねば成らぬ。」
昔、若かりし頃の先輩方の教えをくっつけたものです。何事もやらないと結果も出ないし、意欲を見せないと誰も当てにしてくれない。成功も失敗すらも結果の一つで成したもの。自身に反映して次を成そう、の心でやっています。