フロントエンドエンジニア

※内容はインタビュー当時のものです

デザイナー

2018.8入社

前職

職人/デザイン業務

現職

企業のwebサイト制作

諦めなかったからこそ、手に入れられた仕事。

-なぜBREEZE?

新技術に関わりたいという思い。
近未来的なものが好きで、ロボット事業やAI、WEBといった新技術に関わりたいという思いがありました。プログラミング等の知識がなかったので諦めていましたが、未経験でも入社可能な上、自分の得意なデザイン系の業務もあったBREEZEを見つけ応募。
偽りなく現在もデザイン業務の依頼を与えてくださっているので、感謝の気持ちでいっぱいです

-Career

映像編集とWEBデザインでスキルアップを加速させていく。
前職で紙面デザインの経験があったので、それを活かしてグラフィックチームに所属し、発生する案件を少しずつ行っていきました。そのほか、元々BREEZEにいたデザイナーや営業からの依頼を受けて、BREEZE HPヘッド(HP一番上の見出しの部分)や求人サイトのイラスト、ポスター、会社案内の作成も担当させていただきました。
長期的にはWEBデザイナーを目指そうと思っていたので、HTML/CSSを研修中に学習を進めていきました。目指した理由は、ちょっと未来的でかっこいい、プログラミングによって画面が動く、紙面よりも色やものが美しく見えるという点に惹かれたから。
WEB制作は専門学生の頃一度行ったが、よくわからなかったため挫折。BREEZEではわからない部分もイチから教えてくれるので、スムーズに勉強が進んでいきました
研修後は某テレビ局に派遣され、現在に至るまで映像の編集やニュース番組の監視作業、SNSのライブ配信作業を担当しています。現場に配属されてからも、休日や仕事終わりに、チームを組んでBREEZEの社内向けHPや某飲食店の改修作業、社外向けのBREEZEZ HPのヘッダのイラスト作成を行っています。HP改修はコーディングのほか、全体のデザインも担当しました。ヘッダのイラストは季節のイベントによってデザインを変えていますが、好評をいただいています!
資格に関しては、WEBに関する知識を増やすべく11月からHTMLプロフェッショナル検定の勉強を始め、3月に取得。その知識を活かして、5月にはHTMLに関しての講習を行っていく予定です。

-NEXT

やりたいことを明確に。
初級者向けに、HTML講習を行っていきたいと考えています。すでに用意されているものがありますが、それに自分も協力しHTML/CSSやjQuery、JavaScriptの各種フレームワークの他に、PHPもホームページを作る上で重要な要素なので学んでいきたい。
その他、あまり優先度は高く無いが、WEBデザインの他にもう一つ、動物などをモチーフにしたゆるいキャラクター制作にも興味がある。リラックマやふくふくにゃんこといったキャラクターものが好きで、オリジナルのキャラクターデザイン制作なども将来的にはできたら良いなぁと考えている。ROBOTMARTのイメージキャラクターなども作ってみたい。
BREEZEは、目的が明確になっていれば営業さんがちゃんとそれをサポートしてくださるので、やりたいことが安心してできるのがいい。あれもこれもと詰め込むのもいいが、一点特化を目指しても全然OKという自由さが自分にとても合っていると感じる。
最初の1、2年は学習や訓練の時期なので、思っていたのと違う現場に配属されるかもしれないが、やりたいことはBREEZEの社内活動としていくらでもできるので、希望が全く叶わないということはない。社内活動はチームを立ち上げて行うが、縛りはあまりないのですぐに行動に移せる。営業さんのサポート受けるためにも、まずはやりたいことを明確にしておく必要があるので、自分のできることや目指しているものを改めて思い返してみることが重要かと思われる。

-あなたのモットーは?

許す心を持つ。
ニュースを見ていると、少し気に入らないだけで店員に怒ったりする人がいます。こういったことはお店だけに関わらず、普通の対人関係にも影響します。
少しのことで憤慨する方が増えてしまうと、萎縮してとても生きづらい世の中になってしまうと思っています。そんな世の中にしないためにも、許せることは極力許せるような、広い心を持ちたいものです

イラストレーター

2018.1入社

前職

イラストレーター/
デザイナー

現職

WEBデザイナー

趣味の時間を大事にしたい。

-なぜBREEZE?

今までの経験を生かし、新しい事に挑戦できる環境。
絵だけでは食べていけず、ずっとアルバイトを続けるのかと将来が心配になっていた時期に友人にBREEZEを紹介され入社しました。
同時期に長期間アルバイトをしていた飲食店で社員になる話もいただいていて、不満もなく楽しく働いていたのでそれでいいかなと思っていたのですが、それと同時に朝起きて・夜寝て・暦通りに休む生活をしたことがないのが不安でもあったので、お話だけ聞いてみようという軽い気持ちでIT業界の知識が全くないまま面接で日笠社長のお話をきき、今までの経験を生かし新しい事に挑戦できるのではないかと考え入社を決めました。

-Career

様々な自社サービスへ、デザイナーとして貢献。
最初は駆け出しだし、データ管理など基礎的な現場にいくのかな?とイメージしていましたが、振ってもらったデザイン業務の実績と研修中のWEBの学習を評価され、現在は社内エンジニアとして、BREEZEのHP運営/デザイン/MEDIAライティング業務を行なっています。
実績としては、関連メディアのコーポレートロゴ・ver1HP作成・ver2HPデザイン、自社HPのデザイン、フロントを担当しました。BREEZE HPに関してはPV数を倍にすることができました。あとは講師としてPhotoshopやHTML/CSS研修などを担当しています。

-NEXT

0から学んだ強みを生かして。
勉強が苦手な私がBREEZEで0から学んだ強みを生かして「未経験でも絶対にわかる」といえるような講習会やマニュアルの作成をして行きたいです。
みなさんとお酒を飲んで、交流を深めていきたいとも思っています。

-あなたのモットーは?

趣味の時間を大事にしたい。
お酒を飲んだり!映画を見たり!絵を書いたり!

フロントエンドエンジニア

2019.6入社

前職

MEDIAサイト運用/ライター

現職

WEBサービスのテスト業務/ライター

急速に成長していく過程を経験できることは楽しい。

-なぜBREEZE?

ここでなら新しいチャレンジができる!
メディア制作・運用管理会社に在籍し、WEBライターと従事していた中で、WEBについてもっと詳しくなって創る側にいきたい、もっとチャレンジしたいという気持ちを抱いていました。
そんな時、求人サイトでBreezeGroupを見かけ、目に留まったのが企業理念の「楽しいを作ろう!」をという言葉です。また、会社説明の際にメディア事業はもちろん、プロダクト開発やインフラ構築など、幅広い事業を行っていることを聞きました。
自らで考え、何かしらの形にすることが好きな性格なので「ここでなら新しいチャレンジができる!」と感じました。

-Career

自分が何をやりたいか?そのためには何が必要か?
私は、入社当初からフロントエンドがやりたいと決まっていたので、はじめはJavaScriptとそのフレームワークであるVue.jsの勉強をし、ポートフォリオを作成が中心でした。
また、並行してHP改修や今までの経験を活かして自社メディアの記事を書いたり、現場に出るまでの間で「やれることはすべてやる!」という気持ちで業務・勉強に臨んでいたのを覚えています。
とはいえ、現場に出てからは正直わからないことだらけだったので、知らないことを調べたり、詳しい方に聞いたりしてナレッジを溜め、積極的にチャレンジしたいことを伝えて業務を任せてもらうスタイルを確立しました。
何かを学ぶ時に共通して意識してきたのは、やりたいことが実現できるまでひたすらトライ&エラーを繰り返し、足りない部分への理解深めることです。
基準値以上の結果を出すためには一定の努力が必要ですが、等しく与えられた時間内でより効率良く(必要なことを必要なだけ)行えれば成長できるのではないかなと思います。
そのため、なんとなく日々をこなすのではなく、自分が何をやりたいか?そのためには何が必要か?他人ではなく、現状の自分と比較して行動すればメンタル的にも、実務的にもバランス良く過ごしていけるでしょう。

-NEXT

周りに良い影響を与えられる人間になりたい
フロントエンドでもっと実績を上げることやバックエンドに対しても理解を深め、技術以外の部分(マネジメント)など、活躍の幅を広げていきたいと思っています。
また、どの分野においても品質を最重要視して時間がかかっても良い結果を求め、ナレッジを溜めていくことを意識しながら現在の業務に取り組んでいます。もちろん、上手くいかないことも多くありますが、決して考えることを辞めずにみんなで楽しみながら成長していくことが一番の理想です。
せわしなく変化を続けるIT業界において、勉強を続けることは必須ですが、その変化や勉強をめんどくさいと感じるのも人間の性だと思っています。そこで、「やってみたいことがある」、「興味があるから調べてみる」といった気持ちで物事に対して前向きに向き合えるよう、周りに良い影響を与えられる人間にもなりたいですね。
私自身、大きく変化しながら、急速に成長していく過程を経験できることは楽しく、幸せなことだと感じており、BreezeGroupで楽しいをつくり続けていきたいと思っています。

-あなたのモットーは?

一心不乱