バックエンドエンジニア

※内容はインタビュー当時のものです

バックエンドエンジニア

2018.4入社

前職

SIerで企画・提案営業

現職

営業→バックエンドエンジニア

営業を経て、エンジニアへ転向。

-なぜBREEZE?

ベンチャーだからこそ、裁量を持って仕事ができる。
設立間もない会社にて、1から企業の発展に向けた貢献にやりがいを感じていました。もともと、誰かに細かい指示を受けて働くよりかはその場その場で裁量持てる働き方に魅力も感じていました。その環境があると感じました。

-Career

営業を経て、エンジニアへ転向。
未来メディアで運用しているサイト(30ほど)の構築。保守メンテナンス社内教育カリキュラムの策定、推進自社WEBサイトのリニューアル、サーバーのクラウド環境への移行、バッチ処理ツールの開発社内開発環境のモダン化、その他、開発・運用業務全般の効率化を行いました。

-NEXT

私はゼロから学んだ。あなただってできる。
会社全体の技術水準を高めて行きたいです。ITエンジニアとして活躍するには圧倒的な量の勉強が必要になります。勉強嫌いな性格ではありましたが、IT技術全般との相性が良く楽しく勉強できてます。
変化の激しい業界でもありますが、技術の変化への追従をしていくことで、成長できる喜びをたくさん感じることができます。もちろん職種への相性もありますが、好きな人や合う人にとっては最高の職種になると思います。同じ方向性を向いた方達と仕事していきたいと考えています。

-あなたのモットーは?

継続・努力。
プログラミング言語を学習するときははじめは内容が難解で何度も挫折しました。(笑)
何事もそうだとはおもいますが、挫折しても諦めなければプログラミングは習得可能です。

バックエンドエンジニア

2018.4入社

前職

大手WEBサイトのバックエンドエンジニア

現職

通信キャリアのPMO業務

手を挙げればチャンスが回ってくる。

-なぜBREEZE?

自社サービスへの共感。
自社サービスを持っている企業に転職しようと思っていた所、日笠社長からBREEZEにてオウンドメディアを立ち上げ成長させていくというおもしろそうな話を聞きました。まだ設立間もないとのことで、これから成長していく、させていくためにいろいろなことに挑戦できそうな気がしてBREEZEを選びました。

-Career

自社サービスの向上へ、自分の頑張りがダイレクトに反映される。
入社後はメディア系の調査、社内業務改善のためのツール作成、BREEZE HPの改修をしばらくやっていました。
メディア系の調査は広告枠の相場、ペルソナ、オウンドメディア構築の相場なども調査、作成。BREEZEのホームページはお客様からも好評いただいており、やりがいへと繋がりました。ツールはGASで営業日を算出ツール、Trelloとの連携ツールを作成、bashでメディアサイトへバナーを一括リリースするバッチを作成しました。HP改修ではHTML、CSSを使ってデザイン調整したり、グローバルナビゲーションの修正、OGPタグの設定、フッターのデザイン調整、プラグインを追加して関連記事を表示させたりと様々な改修に携わりました。ホームページ改修をしたことと、記事を掲載することによって、PV数は今では当時の2倍ほどになりました。
その後は外部にてヘルスケアシステムリニューアルの設計業務、通信キャリアでの業務改善(PMO業務)をしていました。元々サーバーサイドの開発をやっていたので、バッチの作成は経験ありましたが、メディアの調査はもちろん、GASでの開発は初めてでした。HTML、CSSも多少は触った程度でしたので入社早々にいろんな事をやらせてもらえていい経験となっています。

-NEXT

手を挙げればチャンスが回ってくる。
オウンドメディアを成長させるという所に共感して入社したので、まずは自社サービスを成長させ、知名度を上げて流入数が増やす事が最初の目標だと思います。知名度が上がれば広告枠の販売などでも収益を上げることができ、またそこまで成長させる過程で培った分析やマーケティングのノウハウがたまりそれを他社にも広めていくなどそちらでも収益を上げていけたらと思います。
他のサービスを始めるのも良いですね。何かに特化したサイト運営、あとはアプリを作ってみたいとも考えています。
BREEZEではやりたいという気持ちがあればチャレンジさせてもらえる環境があるのでいろいろチャレンジしていきたいと思います。

-あなたのモットーは?

明日は明日の風が吹く。
元々楽観的で、物事はなるようになる。ITに置き換えても、新しい技術がどんどん出てるので日々勉強をしていこうと考えています。