遅まきながら、あけましておめでとうございます。最近朝が辛いサンタです。

先日、吉祥寺パルコにて2020/1/10-26の期間限定で行われている「ペルソナ5 ザ・ロイヤルDiscography」に遊びに行ってきました。
私もペルソナシリーズのファンですので、これは行かねばと思う気持ちもありましたが、最大の目的は2020/2/20に発売予定の「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ」(以下、P5S略)の試遊できるイベントが2020/1/11-12の2日間限定(各日先着50名)で開催されていたので参加してきました。

朝早くに行きましたが、それでも半分近い番号でした…

ペルソナ5と無双ゲーム

P5Sはこれまでのペルソナシリーズとは一線を画す作品として発表されました。ストーリーとしては、無印版の「ペルソナ5」から半年後を描いた続編となっており、そういう意味では過去にも「ペルソナ3」や「ペルソナ4」でもありました。
ですが今回のP5Sはシステム面が大きく変更されており、従来のターン制のバトルシステムでなければ格闘ゲームでもない、おそらくATLUSとしては初の*無双ゲームとして登場しました。加えて、開発には「三国無双」等の無双シリーズで有名なKOEI TECMO GAMESも携わっている為、間違いなく面白い作品になるだろうことは想像に難くありません。

※無双ゲーム:多数の敵が登場し、プレイヤーが操作するキャラクターで倒していくアクションゲーム

P5Sを実際に遊んでみました!

感想

15分という短い時間ではありましたが、実際に遊んでみた感想としては、ありきたりな言葉で申し訳ないですが、とにかく面白かったです。
常に動き続ける戦闘やフィールドのギミックはワクワクを与え、無双ゲームならではの敵を倒していく爽快感は非常に心地よかったです。15分という時間があっという間に過ぎてしまいましたが、製品版への期待を十分に満たしてくれました。

バトルシステム

戦闘は、最初から多数の敵が存在しているわけではなく、フィールドにいる点在している敵に攻撃を仕掛けることで多数の敵が登場し、戦闘開始となります。
そして、「ペルソナ3」以降で搭載された、背後から攻撃を仕掛けることで戦闘を有利に始めることができるチャンスエンカウントというシステムが、無双ゲームのP5Sでも搭載されていることです。これをうまく狙っていけばアクションゲーム等が苦手な方でも戦闘が楽になります。
加えて、プレイヤーが操作するキャラクターを除いて3人の選抜キャラが戦闘に参加してくれる点も強敵が相手の時は非常に助かりました。しかも、戦闘中にキャラクターの変更も可能なので状況に応じて、変更することが重要なポイント。

また、敵が多数登場してからの戦闘は、基本的には下の操作表にある□ボタンと△ボタンの組み合わせだけで簡単にコンボが繋がります。
戦闘に慣れてきますと、ペルソナ5特有の銃撃ペルソナシリーズの醍醐味と言えるペルソナ召喚を駆使して相手の弱点を突いた攻撃を行うことで、戦略的な戦いができるように。

見切れてしまっていてすいません…

そして、体験会の中で特に面白いと感じたのが、一部の戦闘を除いて逃げられることです。
多くの敵を倒して爽快感を得る無双ゲームにおいて、戦闘から逃げるということは矛盾を感じるかもしれませんが、キャラクターにはHPやSP(※ペルソナによる攻撃で消費するスキルポイント)が存在する為、それが尽きてしまわないよう戦略的撤退という選択肢があるのは面白いなと思いました。

最後に

P5Sはあくまで無印版のペルソナ5の続編として作られた為、昨年の10月末に発売された「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」で新たに登場したキャラクターがいない点は少し残念ではありますが、それでも無双ゲームという新しい試みに新規キャラクター、ペルソナ5のその後のストーリーは、ファンとしては否応なしに楽しみです。
また、ただ敵を倒していくだけではなく、時には戦略を必要とする要素はこれまで無双ゲームをやりこんできたプレイヤーにとっても十分にやりごたえのあるゲームになっていると思います。
ただ、無双ゲームをプレイした経験があまりない為か、キャラクターの過多によりしばしば自分がどこにいるのか見失ってしまったことが、15分間の体験の中で少し気になりましたが、慣れてしまえば問題でもないかなと思います。もしも、この記事を読んでP5Sが気になった方は、アトラスの公式が出している動画がyoutubeにございますので、ぜひご覧になってみてください。

ちなみにですが、吉祥寺パルコにて2020/1/10-26の期間限定で行われている「ペルソナ5 ザ・ロイヤルDiscography」もグッズや展示物が色々ありますので、お時間のある方は行ってみてはいかがでしょうか

公式サイト:https://p5s.jp/

作者情報
まだまだ未熟なIT見習いです。 読書(主に小説とマンガ)とゲームが大好きです! なので、オススメの作品があれば教えてください( ^ω^ )
    関連記事はありません