like 6

最近、日本酒と煎餅の組み合わせにハマっているサンタです。

2019年10月18日にソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、ソニー)から「プレイステーション4(以下、PS4)」の次世代機である「プレイステーション5」についての正式発表がされました。
これまでも「プレイステーション5(以下、PS5)」については様々な憶測が飛び交っていましたが、今回の発表で明らかになった情報についてまとめましたので、ご紹介致します。

これまでに分かっていること

今回の正式発表の前にPS4及び、PS Vitaの開発に携わったマーク・サーニー氏が語った、これまでに判明していた情報を整理しておきましょう。

・SSDの搭載

従来機に搭載されていたHDDからSSDへの変更により、ストレージの容量が増加したことに加え、オープンワールド型のゲームに多い、長めのロード時間の短縮が実現されるようになります。(「プレイステーション4」にも外付け可能なSSDがあり、それを利用して遊んでみるとどれくらい早くなるかが実感できます。)

・PS4用ソフトとの互換性

PS5にPS4用ソフトとの互換性が機能として付くと初期に発売されたPS3以来のこととなります。ただ、今回の正式発表でPS4用ソフトとの互換性について記載がなかった為、現段階では続報を待つ状況ですが、私はこの機能が搭載されると踏んでおります。
理由としては、PS4は既に1億台の販売実績を持っており、それだけ数多くのソフトが誕生し、所持しているユーザーも多いと考えられます。それをPS5でも遊べるようにすれば、ユーザーにとってのメリットとなり、購買意欲へと繋がるでしょう。
ゆえに、私はPS5にPS4用ソフトとの互換性が機能として付くと考えております。

正式発表で新しく判明したこと

正式発表で大きく取り上げられていたのがPS5と共に発売する新しいコントローラーです。その新しいコントローラーの機能の中でも二つの重要なイノベーションがあると述べられました。
今回はその正式発表の中から新しいコントローラーに関する一部を抜粋したものを記載致します。

「まず一つ目は、初代プレイステーションやその同世代のゲームコントローラーに見られた従来の振動機能を刷新し、ハプティック技術を採用することです。このハプティック技術の採用により、これまで以上に多彩な反応を皆様の手で感じていただくことが可能になります。
例えば、レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになるでしょう。草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるのです。
二つ目のイノベーションは、今回新たに導入するアダプティブトリガーと呼ばれるL2・R2ボタンの進化です。ゲームデベロッパーの皆様は、プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能になり、さらには、ハプティック技術との組み合わせにより、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるようになります。例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できるようになります。」

2019/10/18のPlayStation®Blogより抜粋

尚、ハプティック技術とは、触覚を通じて情報を伝達する技術のことです。実際、これまでのようなゲームのシーンに合わせて振動する従来のコントローラーからどの程度変わるのかは、まだ未知数ではありますが、記事の通りであれば非常に楽しみであります。
今でも十分に美しく迫力のある視覚情報に加え、それを助長するより鮮明な触覚情報が与えられるようになれば、ゲームの世界へのリアリティはより増すでしょう。

最後に

これまで多くの謎と推測が飛び交っていたPS5ですが、2020年の年末商戦の時に発売されるとのことが発表され、少なからず情報が解禁され始めた今、これからどんな情報が公開されるのか非常に楽しみでなりません。
特に外観については、まだ情報がない為に想像力がかきたてられ、色々なデザインが推測されています。PS4のデザインも機能的できれいなフォルムですが、PS5がより洗練されたデザインとして登場することをワクワクしながら待つばかりです。

作者情報
まだまだ未熟なIT見習いです。 読書(主に小説とマンガ)とゲームが大好きです! なので、オススメの作品があれば教えてください( ^ω^ )