ゲーム業界に参入するGoogle発「STADIA(スタディア)」

ゲーム業界に参入するGoogle発の「STADIA(スタディア)」と任天堂・SONYの動き

最近、気づいたら気絶したように眠っているサンタです。

米国のGoogleが、3月19日に発表した内容がゲーム業界に大きな波紋を呼んだことはご存じだろうか。その内容は、これまでゲーム機器を開発してきた任天堂やSONYの株価にまで影響を及ぼす内容である。
今回は発表されたGoogle発の「STADIA(スタディア)」と今後のゲーム自体の展望について考察した内容を紹介する。

Google発の「STADIA(スタディア)」とは

現最高経営責任者(CEO)のスンダー・ピチャイ氏が発表した「STADIA(スタディア)」では、ニンテンドー・スイッチやプレイステーション4(以下、PSと略)などのゲーム専用の機器を必要とせず、クラウドを経由したストリーミング方式で受信したゲームのデータを、手持ちのスマホやパソコンなどのインターネットに接続可能な端末で遊ぶことできる。
ちなみに、それらの端末は最新のスペック(高度な演算処理能力等)を持ち合わせていなくても簡単に遊ぶことができ、YouTubeのプレイ動画等で興味を持ったゲームがあれば、ボタン一つですぐにそのゲームを遊ぶことができる。

また、ゲーム専用機が不要となってもやはり、コントローラーの存在は欠かすことができないからか、「STADIA(スタディア)」にも専用のコントローラーがある。もちろん、スマホの画面操作やパソコンのマウスとキーボードでもゲームを遊ぶ上で問題はないかもしれないが、昨今話題のeスポーツで活躍するプロゲーマーやコントローラーでゲームをしたい人の需要を考えてのことだろう。
コントローラー自体も、既存のものと似ている為か、真新しさはそれほどないが違和感もまた感じさせない仕様である。

上の 画像が「STADIA(スタディア)」専用のコントローラー
(Image: Google Developers/YouTube

任天堂とSONYの動き

新しいゲーム機を開発し、販売している任天堂とSONYでは、今回のGoogleの発表を受けてというわけではないが、それぞれに動きがある。

任天堂の動き

任天堂は、今年の4月12日に「Nintendo Labo」シリーズの最新作「Nintendo Labo: VR Kit(ニンテンドー ラボ VRキット)」を発売をした。VRは今や既知のものとなってきており、SONYからは家庭用ゲーム機のPSVRが発売されているが、4万円近い価格で非常に高価な印象が根強い。
ところが、「Nintendo Labo: VR Kit(ニンテンドー ラボ VRキット)」は1万円以下の低価格でVRを遊ぶことができる為、ニンテンドー・スイッチをお持ちの方でVRを体験してみたいという方には非常に魅力的である。
高価であるがゆえに、家庭用のVRゲームは未だに普及し切れていない未だ発展途上のコンテンツであるが、今回の任天堂のVRが果たして一石を投じるものとなるか、そして、まだ噂レベルではあるがニンテンドースイッチの新型にも注目だ。

SONYの動き

一方でSONYは、現機種の次世代機としてPS5の開発を示唆するコメントが発表されている。また、そのPS5に関しては、とある噂が囁かれている。
それは、PS5の下位互換性のサポートを示唆する新しい特許を取得したという内容である。SONYのPSシリーズに限らず、多くのゲーム機では次世代機が登場すると前機種のゲームを遊ぶことはできなかった。しかし、最新の情報によるとPS5ではPS4のゲームを遊ぶことが可能になるかもしれないとのことだ。
他にも、ハードディスクドライヴ(HDD)からソリッドステートドライヴ(SSD)へ変更されることにより、容量の増加だけでなくデータの読み込みの速度が上がる為、これまで容量が大きく読み込みの時間がかかったゲームもストレスフリーで楽しめるようになるだろう。
これらの情報の確度は高く、これが公式のものとして大々的な発表がなされれば、今回Googleが発表した「STADIA(スタディア)」と同じか、それ以上の注目を集めることになるだろう。

最後に

今回Googleが発表した「STADIA(スタディア)」は、これまでのゲーム専用機で遊ぶというある種の常識を覆すような内容は、非常に衝撃的であった。ただ、常時インターネットに接続している為、通信料や回線速度で左右されてしまうことや遊べるゲームの種類が懸念されるが、何かしらの対策は講じてくるだろうし、やはりゲーム業界への新しい動きに期待感が募る。
2019年中に「STADIA(スタディア)」をローンチする予定で、米国とカナダ、欧州でサービスを開始するとのことなので、日本でのサービス開始時期も含めて、今後の続報を楽しみ待とうと思う。それと合わせて、任天堂やSONYのゲーム専用機を展開する企業にも注目し、今後どういった動きを展開していくのかにも注目だ。

<参考サイト・動画>
Google Developers | YouTube
Sony planning Backward Compatibility for PS5 [Rumor] | gearnuke.com
特報:ソニーの次世代ゲーム機「PS5」は、革命的なマシンになる | wired.jp

作者情報
まだまだ未熟なIT見習いです。 読書(主に小説とマンガ)とゲームが大好きです! なので、オススメの作品があれば教えてください( ^ω^ )