Virtual currency

10分で分かるブロックチェーン技術と仮想通貨

はじめまして、営業のSONsunです。
今IT業界では話題になっているブロックチェーン技術や仮想通貨について説明したいと思います。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、聞いたことはあるが何かはっきり分からない方が多いかと思います。
日本語では分散型台帳または、分散型ネットワークと呼ばれる技術です。
難しく書いてありますが、言葉のように全てのネットワークがチェーンのように繋がっているイメージです。

通常、何か取引をする際には必ず保証人または仲介人が必要となります。
理由としては、全ての契約は信頼がなければ成立しないためです。
しかしブロックチェーン技術を利用すると全てのネットワークが繋がり偽造はできなくなります
つまり保証という過程が必要なくなり、個人と個人との取引が可能となります。

情報を全ての使用者が共有しているので透明性があり、安全なシステムです。
この安全というのは、暗号化されているので一度記録されると修正できないという意味です。
保安の面でも、分散型の利点により、今の中央集権型と比べて
一気に数万のシステムを同時にハッキングしなければならないのでハッキングはほぼ不可能な仕組みになっています。

ブロックチェーン技術の活用

それではブロックチェーン技術がどのような分野で活用されているか説明します。

契約 → 現在行われている紙の契約システムが、より簡単で安全なブロックチェーン技術を適用したスマート契約に変わります。IT時代である現在、必ず必要な技術になりますので注目されています。
流通 → ブロックチェーン技術を流通に結合することで自分が今食べているもの、私用しているものの原産地、製造地などを明確に確認することができます。また宝石などの貴重品の経路追跡も可能になります。
金融 → 仲介者(銀行)を通さず直接取引が可能になります。また貨幣にブロックチェーン技術を取り入れ、今話題の仮想通貨を作成することが可能になります。
保安 → ハッキングができない技術なので、IT技術に最重要であるセキュリティー面をより強化することができます。
データ → インターネットの登場でコンテンツやアーティストの著作権の問題が多くなっています。ブロックチェーン技術でデジタル時代の知的財産権や決済システムを解決できます。また医療データにおいてより良い治療法や研究にも活用されます。     
投票 → ブロックチェーン技術を投票に適用することで、より成熟で透明性のある政府、政治形態を作ることができます。またスマートフォンがあればどこでも投票ができるので、費用削減と共に投票率も上げる効果があります。

このようにブロックチェーン技術は
様々な分野に適用することができ、そして信頼性のおけるIT技術です。

仮想通貨とは?

ブロックチェーンに関わっている分野の中で欠かせないのが金融の分野となります。

仮想通貨とは何か、なぜ仮想通貨が誕生したのか、それについて説明していきます。
仮想通貨とは、ブロックチェーン技術を基盤として誕生したデジタル貨幣です。
発行することに制限のない貨幣システムに疑問を持ったサトシナカモトという謎の人物(チーム?)が
ブロックチェーン技術を貨幣に適用して作ったものが、最初の仮想通貨であるビットコインです。

このビットコインを引き金に、様々な特徴を持った仮想通貨が誕生しています。
最近は企業だけでなく、政府や金融機関も非常に高い興味を持って仮想通貨事業に取り組んでいます。
例えば、Googleをはじめ、アップル、マイクロソフト、IBM、ナスダック
日本では楽天やNTT、リクルートなど、だれもが知るような大企業が続々と参入しています。
IT業界だけでなくサムスン、スターバックス、マクドナルドなど様々な分野の企業が仮想通貨事業に取り組もうとするニュースも珍しくありません。
また、金融機関が仮想通貨の取引所以上の仮想通貨を持っているところもあり、
日本のSBIの場合、世界初金融機関からの仮想通貨取引所を設立しました。

仮想通貨が注目された理由

それでは昨今、なぜこれほど仮想通貨が注目されているのか。
第二次産業革命である製造業の時代から、今は第三次産業革命と呼ばれるITの時代に変化しているのが理由と考えられます。
世界の時価総額1位〜10位の企業の中、9社がIT会社である時代です。

実物ではなく全てがデータ化される時代の中、
一番大事である決済システムが現在のIT時代に追いついていません。
クレジットカード等、銀行を通す決済システムでは高い手数料や入金の複雑さや早さにおいて
ネットワーク上で簡単にできる今のIT形態とは相違しています。
その中で、決済の問題の解決策として仮想通貨が注目されています。

特に手数料に関しては、現在世界の金融機関で支払われている手数料だけでも年間約2兆ドルほどになります。
これは全世界経済の2%ほど金額となるので、手数料を節約することで供給者も消費者も得する経済となります。

またポイントなどのシステムも、仮想通貨に適用することで様々な形で価値が生まれます。
例えば、安全運転など法律をちゃんと守ることでポイントが付けられる仕組みを作り、政府にも運転者にも得になることや
SNS、ブログなどにポスティングしたり、口コミをすることでも企業の広告交換を生み出しポイントを付与することができるなど、
人の行動全てに価値がつけられることが仮想通貨を通して可能になります。

このような無限の可能性を持っている仮想通貨は、今後の新しい時代に踏み込むため必須となるものになります。

作者情報
営業をしている韓国出身のSONsunです。前職はパン屋さんです。
趣味はyoutubeとサスペンス映画を見る事。