like 4

はじめまして!
IT業界もうすぐ1ヶ月の漫画大好きサンタです。

本当は、今日まで勉強してきたHTML&CSSやJavaScriptの使えそうな小ネタを
記事にするつもりだったのですが、どうしても記事として書きたいネタが
あるので書かせて下さい!と無理なお願いをして書かせて頂きました。(笑)
(寛容な心を持った上司に感謝です(*`・ω・)ゞ)
なので、今回は新しく登場した電子書籍の「全巻一冊」をご紹介致します!

電子書籍について

実は、電子書籍元年とされている2010年から今年で8年もの歳月が
経過しました。おかげで、電子書籍は広く普及してご存知の方がほとんどだと
思います。ただ、一応ご存知でない方向けに簡単に言ってしまうと、データ化された
単行本や文庫本、漫画などをスマホやタブレットで購入し、ダウンロードすることで
読むことを可能としたのが電子書籍と呼ばれるものです。

新しい電子書籍「全巻一冊」とは

今回、新しく登場した電子書籍の「全巻一冊」は、
1冊の本の形状をした電子書籍リーダーです。
その最大の特徴を以下にまとめてみました。

特徴①:単4電池×4本で使用可能
特徴②:紙の本のように見開いて読む形式(開くと自動で起動し、閉じると終了)
特徴③:外装には着脱可能な本の表紙カバーを付けることができる
特徴④:実際にページを捲ることはできませんが(端のほうのみ捲ることができる)
     擬似ページが挿入されている為、本のような質感が得られる
特徴⑤:インターネットに接続する必要なく、専用の本のデータが入ったSDカードを
     セットするだけで読むことができる

以上が、「全巻一冊」の最大の特徴です。いずれの特徴も従来の電子書籍から
見受けられなかった特徴だと思います。そして、電子書籍でありながら
紙の書籍の特徴を引き継いでいる所もまた、らしさを感じさせてくれています!

イメージとしては、上のように本を見開くとSDカードから本のデータを読み取り、
内容を表示するといった感じです。(口下手ですいません(m´;ω;)m)

これからの「全巻一冊」

実はこの「全巻一冊」はまだ、長編漫画をデータ化したSDカードしか販売しておりません。
ですが、これから長編の小説や絵本、シリーズ化されたビジネス書などもデータとしてまとめられ、
SDカードで販売されればもっと普及するでしょう。また、「全巻一冊」はインターネットに
接続する必要がなく、ボタンでページを捲ることもできるので子供やご年配の方でも簡単かつ安全に
使うことができるでしょう。
コレクション性スペースを取らないスマートさ兼ね備えた「全巻一冊」のこれからに注目です!

「全巻一冊」のサイトのリンクを載せておきますので興味を持った方はぜひ覗いてみて下さい!!
全巻一冊:https://progresstech.jp/zenkan/

作者情報
まだまだ未熟なIT見習いです。 読書(主に小説とマンガ)とゲームが大好きです! なので、オススメの作品があれば教えてください( ^ω^ )
    関連記事はありません